小学校英語必修化 これからどうなる?Vol 1

  • News
  • 2018.03.16
News
2018.03.16
本日、Educational Network さん主催の勉強会に参加しました。

今後の小学校英語必修化の動きが気になる保護者の方もおおいのでは・・・?

 

私もそのうちの一人・・・。

仕事柄ももちろんですが、二児の母でもあるので、とってもとっても興味があります。

 

文科省から提示されている新しいテキスト・・・。

5・6年生で使う”We Can!”

3.・4年生で使う""Let's try"

 

はっきり言いますと、凄いボリュームです。

三年生・四年生で今まで5.6年生がしていた内容があり、しかもアルファベット・文章を聞き、問題を解いたり、話したり・・・。

 

5.6年生は新テキストは、教科書ページ数96ぺージ。

3.4年生と違うのは話す・聞くの次のスキル(中学生でするような)書く・読むが加わる・・・。

今まで使用していた”Hi,friends.” は、3年生で学習するローマ字から想像しやすい単語ばかりを使用していた構成でしたが、今回は違う・・・。

なんと、小学校6年生では過去形・不規則動詞まで・・・。

 

今回の勉強会の内容は詳しくブログにて後日、お知らせしていきますが、一番に驚くのは、必須単語数の変化!

小学校ー> 600単語程度

中学生→ 今までは1200語→1800語

高校生→ 1800語→ 2500語

高校卒業レベル→ 5000-6000語

 

さぁ、WOKWOKも、もちろん4月からの対策をとります。

わかる・・・!がいっぱいになるように、小さな時からしていきます。

 

どうすれば良いかな?という保護者の方・・・。

教室で、多読コースもあります!

このコースを当初から継続して取ってくれている生徒さん、メキメキと力を付けてます。

内容把握チェックもしますし、とても素晴らしいです。

国語のような感覚で、辞書を使わず感覚を作り上げていけます。

 

本日は、お勉強会の内容を少しだけしかお知らせできませんでしたが、また、詳細をアップします!

 
生徒専用ログインページ
体験申込 お気軽にお申込みください。